マヌカハニーの蜜源になるマヌカの木と同じ樹木はオーストラリアにもあるんだが

7月 25, 2020 未分類

New Zealandが商標登録を申請したマヌカハニーですが、マヌカの木の原産地は、オーストラリア原産だという事実を、植物学者が発見しました。
「マヌカ」は、NEW ZEALANDのマオリ語ですが、マヌカハニーと同じ成分のはちみつが生産できるとして、マヌカハニーの商標を争っています。ただ、現在のところ、システマチックにブランドを管理しているニュージーランドのみが、本物のマヌカハニーと呼べるでしょう。

高品質な蜂蜜の条件と言えば、まず、無添加であること、もうひとつは、製造過程で加熱処理を行なってない等があげられます。簡単に言えば、何も足さない、何も引かない、自然なままということです。
ハチが集めたミツを抽出し、不純物を濾過するだけの純粋なハチミツが最高級です。
話題のマヌカハニーにも共通する話で、本物で高価なマヌカハニーは全て自然なままの状態で売られています。容器から蜂蜜を救う場合、使うのは大概スプーンだとおもいますが、金属製のスプーンでは、殺菌作用が弱まるといわれています。

本当に抗菌力が低下するかどうかはしりませんが、気になる人も多いようで、木製や陶器製のスプーンがセットで売れています。
強力な抗菌作用が売りのマヌカハニーにはもっと敏感に反応が出ていて、木製スプーンがセット販売されていたり、ネットショップの注意書きにも、金属製スプーンにNGを出してるケースが見うけられます。
殺菌力を目当てにマヌカハニーを買うなら、陶器や木製など、金属製以外のスプーンを使用するのが無難でしょう。

自己免疫疾患がある方は、蜂蜜を食べないようにしたほうが良いです。何故かというと、免疫を抑制する薬を使っている場合です。
体の中の免疫パワーを抑制する薬ですから、通常なら腸内細菌が処理するボツリヌス菌(Clostridium botulinum)も、不活性化されません。

もう分かると思いますが、腸内細菌が発達していないコドモと同じように、ボツリヌス症になってしまいます。
アト、強い抗菌作用でお馴染みの、マヌカハニーにも一緒のことが言えます。

このところフェイ―チャーされてるマヌカ蜂蜜ですが、粗悪品とも言える偽物がたくさん販売されています。マヌカハニーで本物と呼べるのは、New Zealandのマヌカの木から摂れる蜂蜜だけで、独自の強い抗菌活性物質を含んでいます。
人工的な製造工程を経ないため、生産量も限られるので、一般の蜂蜜とくらべ値段も効果になります。
こういった背景に便乗し、偽物や抗菌作用を偽証して販売する業者が増え、本物のマヌカハニーと勘違いして購入する消費者も多いみたいです。乳児に蜂蜜を与えてはいけません。

蜂蜜にはボツリヌス菌が入り込んでいる場合があり、間違って食べさせた場合、乳児ボツリヌス症になるリスクが高いです。

大人であれば、腸内細菌との競争にボツリヌス菌が負けるので問題ありまんが、腸内環境が整わない1歳未満のコドモは、ボツリヌス菌の芽胞が発芽してしまう高リスクを抱えているので、1歳に満たない子伴には、蜂蜜を与えないよう母子手帳にも掲載があります。

スーパーハチミツとして話題のマヌカハニーも一緒で、一歳未満のお子さんには食べさせないようにしましょう。
マヌカハニーなら殺菌力が強いので5歳を超えたくらいが無難です。

New Zealandのマヌカハチミツと一般的な蜂蜜の違いですが、抗菌活性成分である天然メチルグリオキサールが含まれることです。

一般的な蜂蜜にも過酸化水素に由来する抗菌成分が含まれますが、ピロリ菌などをもやっつける、マヌカ独自の強力な殺菌作用を有しています。ドイツやオーストラリア、アメリカや生産国であるニュージーランドなどでは、殺菌活性レベルの高い一部のマヌカはちみつを、アクティブマヌカハニーと呼び、お医者さんが処方したり、治療薬として用いられます。

耐性菌にも効果があったという研究結果もあり、菌はマヌカハニーに対して耐性が出来ないというメカニズムも判明しました。

参考にしたサイト⇒マヌカハニー 偽物と本物の見分け方

投稿者: jowj58587u72-le.ro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です