知人がおみせを開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭

10月 9, 2020 未分類

知人がおみせを開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、自分個人で贈るなら10000円~30000円程度のものでOKです。インターウェブが身近になった近年、通販の専門店を利用する人の割合も増加し、色々なライフシーンに対応した胡蝶ランの通販店が人気を集めています。

もともと、海外から来た花ですが、明治の時代に国内に持ち込まれた沿うです。

蝶が舞い降りたような花を咲かせることから、それを見た人が胡蝶ランという名前を付けた沿うですが、その美しさや込められた花コトバがフラワーギフトとして喜ばれています。

胡蝶蘭を送る際は、花の印象をさらに良くするラッピングが欠かせません。例えば、ラッピングを赤にするとゴージャス印象になるし、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。
評判の良いギフトフラワーの通販店は、殆どの場合、無料でカラーを選ぶことができるラッピングサービスがあります。

胡蝶蘭にそえる立札なども、通常セット内に含む通販ショップ(ブランドなどの店舗をこう呼ぶことも多いでしょう)が多くなってきています。

お祝いに贈る花としてコチョウランが人気なのは理由があります。

一例を挙げるとすれば、その優美な美しさ、さらに、コチョウランのもつ花コトバや長持ちすることも理由の一つです。
一般的な花束などは、数日でしおれてしまったりして日持ちしませんし、沿ういった意味でも、1ヶ月から2か月も日持ちする胡蝶蘭(コチョウラン)が人気なのです。
おめでたいシーンや門出に贈る花は、胡蝶蘭を選べんでおけば無難だと言えるでしょう。花ギフトは大抵の人が喜んでくれますが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、雰囲気で決めたフラワーギフトよりも想いが伝わりますね。一例をあげると、おめでたいシーンでのコチョウランを目にしますが、胡蝶蘭共通の花ことば、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、色別にそれぞれの花言葉をもっています。

コチョウランを例に出しましたが、花の贈り物を贈られる側の場面に適した花ことばを添えることで、ただ花を贈るよりも、一層心がこもった贈り物となるのです。

花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、お祝い事だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。

花ことばに「純粋な愛」をもつ胡蝶蘭は、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。

日本にまで胡蝶ランが広がることになった歴史の始まりは、お金持ちや貴族の間で18世紀のヨーロッパで起きた欄ブームが始まりで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、多彩な品種を捜すきっかけになり、胡蝶蘭の原種を発見する事になったわけです。病院に入院している知人の見舞いとして、 心を落ち着かせる意味で、綺麗な花を持参することがありますが、鉢植えの花は「根を張る」という意味合いでNGです。優雅な胡蝶ランを持ってお見舞いに行くときは、根を切り、花束にするなどして、絶対に鉢に入った状態で届けないようにしてくださいね。そのポイントさえ押さえておけば、ニオイや花粉の量が微々たる胡蝶ランは、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

ビジネスシーンの設立記念でも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、最低限のマナーくらいは、知っておいたほうがいいでしょう。取り合えず、赤系の胡蝶蘭は火をイメージさせてしまうので、好ましくありません。後は、立札は必ず立てるようにします。
贈り主が誰なのか、分かりやすくするのも大事なマナーになります。
お花を通販で注文するなら、やはり、栽培している農家から直接発送される、産地直送を採用している販売店が一番です。

なぜ、産直をお勧めするのかというと、卸市場を経由しないので、花の鮮度がとても良いことと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるのでです。胡蝶ランの通販も同じで、栽培農家からの直送がお勧めです。携帯端末で手軽にウェブが出来る今、ギフトフラワーの通販も、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。
キメ細かい対応をしてくれるので、立札や個別メッセージなど、無料で個別に対応してくれます。お届けにについても沿うで、国内スピード配達や、条件を満たせば、当日配達にも対応しているおみせがたくさんあります。フラワーギフトも便利になったものです。選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈るシーンや、関係性によって変わってきます。

親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭(コチョウラン)で良いですし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派な胡蝶蘭が必要です。

どちらに知ろ、コチョウランの値段が生花店より安いのが通販で、時には6割ほど安く購入出来たりします。
ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、生産者からの直送を行っているからです。胡蝶蘭の育て方ですが、数ある花の中でも非常に簡単なんです。
お水は毎日上げなくても問題ありませんし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。
でも、厳しい寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。それから、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所については気を付けてあげてくださいね。

胡蝶蘭の栽培方法ですが、ある程度の暖かさが必要なのは、おぼえておいた方がいいでしょう。熱帯地域が原産地なのですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実のところ、直射日光も不得手です。適温は15℃から20℃前後くらいで、風通しが良い場所に置いてあげましょう。

水を与えるのは7日~10日に一回程度でよく、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒胡蝶蘭の通販ランキング 新鮮で安い人気ショップ

投稿者: jowj58587u72-le.ro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です