胡蝶蘭の通販は高速や宅配事業者が増えたおかげで翌日には届く

11月 24, 2020 未分類

胡蝶蘭には様々な種類がありますが、分類すれば、咲かせる花の大きさ別の違いあります。

最も多く目にするのが、最も豪華で大きい花を咲かせる大倫胡蝶蘭です。それに対し、プライベートなお祝いや誕生日など、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。

選ぶ基準ですが、贈る相手やシーンによって相応しいものが決まっています。

通販のフラワーギフトを使うとき、おすすめは、生産農家から直接届けてもらえる、産地直送を採用している販売店が一番です。
産地直送をおすすめするのは何故かというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、商品であるお花の新鮮さが保たれることと、中間マージンが無くなり、コスパが良くなることが挙げられます。

通販で胡蝶蘭を注文する時も同じで、栽培農家からの直送がおすすめです。就任祝いや開業祝など、直ぐに花を贈らないといけない場合、当日配達や翌日配達に対応したショップが役に立ちます。

高速道路や宅配事業者が増えたおかげですが、だいたい翌日には届けることが出来ます。
東京23区や名古屋・大阪などで当日配達可能なお店とか、急ぎで焦ってる場合は、どんな時間帯でも受け付けしているのでオススメです。

付け加えて言うと、スピード配達できる専門店は立札やラッピングも無料です。
フラワーギフトで胡蝶蘭が人気なのには理由があります。

例をあげると、蝶が舞い降りたような美しさ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。一般的な花束などは、数日から1週間程度しか持ちませんし、こういった事を考えても、一ヶ月~二ヵ月も日持ちする胡蝶蘭が好まれているのです。お祝いに贈る花としては、胡蝶蘭を選べんでおけば無難だと言えるでしょう。

頂いた胡蝶蘭が枯れてしまったら、どうやって捨てれば良いか悩んでしまう人も多いみたいです。そんな時、頼りになるのが、胡蝶蘭の回収・引取り業者の存在です。処分する事情は様々で、取引先から貰った花を一定期間置いて処分するケースや、枯れてしまう等、様々なケースに対応出来るのも嬉しいところです。サービスを利用しないのであれば、ゴミとして出すしかないわけですが、手間でも、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して、捨てるしかありません。チョイスするこちょうランの価格は、 贈る場面や、関係性によって変わってきます。
親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、仕事関係であれば大倫の3本立て胡蝶蘭以上を選ぶのがマナーです。

どっちにしても、胡蝶蘭の値段が生花店より安いのが通販で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、栽培農家からの産地直送がおおいためです。
携帯端末で手軽にネットが出来る今、花の贈り物通販ショップも、昨今ではスマホ端末で全部完結させることが可能です。しかも、様々なサービスも充実していて、メッセージカードの内容やラッピングまで無料で行ってくれます。

配送についても言えることで、日本国内での素早い配送や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。
フラワーギフトも便利になったものです。
胡蝶蘭の育て方ですが、そんなに難しいことはありません。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。ただ、寒いところは苦手なので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。

後それから、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、置き場所は選んであげましょう。

知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。
ここ最近は、通販ショップを利用する人も多く、様々なシーンに対応した胡蝶蘭通販ショップが人気です。
19世紀に東南アジアで発見された胡蝶ランは、日本に渡ってきたのは明治時代だそうです。蝶の様な花を咲かせるというところから、それを見た人が胡蝶蘭という名前を付けたそうですが、その美しさや込められた花言葉がフラワーギフトとして喜ばれています。

花を送る際、花を包むラッピングも大切です。例をあげると、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、緑のラッピングは爽やかなイメージがあります。

評価が良い胡蝶蘭の通販ショップでは、殆どの場合、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。花を送る際のメッセージカードなども、通常セット内に含む通販ショップが多くなってきています。

花ギフトは大抵の人が喜んでくれますが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、雰囲気で決めたフラワーギフトよりも想いが伝わりますね。一例をあげると、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、胡蝶蘭全種に共通する花言葉(幸せを運んでくる)のほか、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。胡蝶蘭に限った話ではありませんが、贈られる側のシーンに合わせて花言葉を添えることで、より心のこもった素敵な贈り物になるはずです。
入院患者のお見舞いに、 心を温かくしてあげる意味で、お花を贈るのは良いのですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。

こちょうランをお見舞いで持参したい時は、根を切り、花束にするなどして、株が植わった状態で贈るのは絶対に止めておきましょう。
タブーとされるこの事を理解していれば、香りや花粉があまりない胡蝶蘭であれば、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

胡蝶蘭を贈るシーンというのは、出店祝いや結婚式だけでなく、お悔やみのシーンでも見られます。

胡蝶蘭という花は、哀しみに染まった人の心を癒すとされてて、葬儀などのシーンでも贈ることはマナー違反ではないそうです。世に胡蝶蘭が広まっていくきっかけは、19世紀のヨーロッパで起こった欄ブームだそうで、その神秘的な美しさが、様々な品種を探すきっかけになり、胡蝶蘭の原種を発見する事になったわけです。参考にしたサイト⇒ミディ胡蝶蘭が安い通販の選び方|失敗しない専門店

投稿者: jowj58587u72-le.ro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です